赤ちゃんの弱い肌は保湿ケアで守る|保湿クリームの口コミランキング

赤ちゃんの弱い肌は保湿ケアで守る

つやつやした赤ちゃんの肌は、2〜3ヶ月を過ぎた頃からいろいろな刺激に敏感になってきます。 これは、皮脂の分泌量が減少してくるためです。

 

産まれてすぐの赤ちゃんは、お母さんからのホルモンの影響を受けて、皮脂の分泌が盛んに行われています。 その影響がなくなってくるのが、ちょうど2〜3ヶ月頃なのです。 減少していく脂分を補ってあげるのに有効なのが、保湿クリームによるケアです。

 

乾燥によるかゆみ、肌荒れ、かぶれ、あせも、湿疹など、お肌のトラブルはたくさんあります。 よだれや衣類、いつもと違うメーカーのオムツなど、ちょっとしたことが赤ちゃんの肌にとって刺激になってしまうのです。

 

赤ちゃんの皮膚の厚みは、大人の半分程度しかないと言われています。 大人の皮膚の厚みが約0.02mmなので、どのくらい薄いのかよく分かると思います。 その皮膚を刺激から守ってくれるのが皮脂であり、保湿クリームというわけなのです。

 

「赤ちゃんに保湿クリームが必要?」と疑問に感じている方も、これなら納得ですよね。 保湿クリームは、ただ潤いを与えるためではなく、皮膚を刺激から守ってあげるための役割ももっています。 デリケートなお肌をトラブルから守るために、毎日のケアは欠かせません。