乳液と保湿クリームの違い|保湿クリームの口コミランキング

乳液と保湿クリームの違い

洗顔→化粧水の後は、乳液と保湿クリーム、どちらを使えばいいのでしょうか? 2つの違いが何なのか、両方使った方がいいのか、悩みますよね。

 

この2つの違いは、それに含まれる「水分と油分の割合」です。 水分が多いのが乳液。 油分が多いのが保湿クリーム、ということになります。

 

洗顔後、化粧水だけでは、水分はすぐに蒸発してしまいます。 大切な水分の蒸発を防ぎ、蓋をして水分を閉じ込める役割をしてくれるのが乳液なのです。 また、水分を多く含んでいるので、同時に潤いも与えることができます。

 

乳液で蓋をした肌を、さらに乾燥から守る役割をしてくれるのが保湿クリームです。 油分の多い保湿クリームもフタとなり、長時間乾燥から肌を守ってくれます。

 

一般的に、女性の顔の皮脂の分泌量は、思春期から20代をピークに減少していくと考えられています。 そのため、30代を過ぎた頃から、肌が乾燥することでニキビや吹き出物、しわやたるみといったトラブルが出てくるのです。

 

当然ですが、肌の質は一人一人違っています。 乾燥肌の人もいれば、おでこや鼻のTゾーンは脂っぽい混合肌の人もいますよね。 乳液と保湿クリームの違いを理解して、自分の肌に合ったスキンケアを心がけてみてください。