脂性肌状態を改善するタイプ別の保湿方法|保湿クリームの口コミランキング

脂性肌状態を改善するタイプ別の保湿方法

脂性肌の場合、保湿は行った方が良いのかと悩むことがあります。脂性肌にもタイプがありタイプ別の保湿方法があるようです。

 

脂性肌にはタイプが2種類あります。 水分も油分も多いオイリータイプと、水分が少なく油分が多いインナードライタイプです。

 

オイリータイプは、皮脂が多く分泌され肌です。カサつくことはほとんどなく、ベタつきがあり毛穴が詰まりやすく肌トラブルを起こすことがあります。

 

遺伝性に多い肌質ですが女性も思春期や20代頃・30代後半と皮脂の分泌が増えることがあり、ストレス・生活習慣が原因でおこる事があるので注意が必要になってきます。

 

インナードライタイプは、肌の中が乾燥していることで肌を守るために皮脂がたくさん分泌され、脂性肌だと勘違いしている状態です。

 

この肌質の人は乾燥肌を治すことが大切になってきます。 脂性肌状態を改善するためには、皮脂を適度に残しながら汚れを落としていくことが大切になってきます。皮脂を落としすぎると、どんどん皮脂が分泌され、さらに脂性肌になってしまうからです。

 

洗顔を選ぶ場合には肌に優しいものを選び、しっかりと泡立てて優しく洗い、ぬるま湯で洗い流していきましょう。 洗顔後は、毛穴の引き締め効果のある化粧水で保湿を行なっていくことが大切です。

 

毛穴が開いたままになると皮脂の分泌につながっていくからです。 その後、乳液や保湿ジェルなどを使い、皮脂量を整えていくことで、水分と油分のバランスの取れた肌を作る事ができます。