保湿クリームと乳液の違いは|保湿クリームの口コミランキング

保湿クリームと乳液の違いは

スキンケアを行うに当たって、化粧水や乳液をお使いの方も多いと思います。 また、顔の保湿力を高めるために、日頃から保湿クリームを利用される方もいらっしゃることでしょう。

 

保湿クリームも乳液も、どちらも顔のつやと潤いを出すためには欠かせないものです。 しかし、これらは果たしてどの点で違いがあるのでしょうか。

 

一般的には、どちらも保湿効果があるという点で、同じものであるという認識をされている方も多いようですが、実は大きな違いがあるのです。

 

保湿クリームと乳液の大きな違いは、脂分と水分をどの程度含んでいるのか、その割合が異なるのです。 保湿クリームはちょっとぬるぬるした感覚があるかと思います。

 

つまり、脂分を多く含んでいるため、触ったときにぬるぬる感があるとともに、クリーム状になっているのです。 逆に乳液は水分を非常に多く含んでいます。 そのため、さらっとした感覚があるのです。

 

油分を含んでいるからこそ、保湿力はやはりその名前が示すとおり、保湿クリームの方が上です。 しかし、肌に含まれている水分を蒸発させないようにするためには、乳液が必要になってくるのです。

 

つまり、保湿クリームで肌の潤いを与えることが出来ますが、水分の蒸発を防ぐために乳液もあわせて利用することが大切です。

 

保湿しながらも、その状態をキープする単に、保湿クリームと乳液を上手く使いこなしていくことがスキンケアのポイントなのです。