保湿クリームの効果的な塗り方|保湿クリームの口コミランキング

保湿クリームの効果的な塗り方

保湿クリームは、顔全体に均等にベッタリ塗って効果がある、というものではありません。 自分の肌質に合わせて、塗り方も工夫していく必要があります。

 

塗り方の手順としてはまず、指先でクリームを適量とり、手のひらに乗せます。 中指で少しずつクリームをとり、頬・おでこ・あごといったポイントに置いてから指の腹を使って優しく広げていきます。

 

保湿クリームが全体的に広がったら、内側から外側にマッサージしながら肌に浸透させていきます。 さらに、手のひら全体を使って顔を包み、クリームを優しく押し込むようにしてあげると馴染みやすくなります。

 

一般的に、顔の中で乾燥しやすいのは、目の周りや口元と言われています。 目尻には小じわができやすく、口元はガサガサして粉を吹きやすいですよね。

 

そのような部分には、保湿クリームを二度付けすることが塗り方としては効果的です。 しかし、鼻やおでこはいつも脂が多くてテカテカしているという混合肌の人は、その部分のクリームの量を加減します。

 

保湿クリームを塗る時は、自分にとって効果的な塗り方を考えてあげることが大切です。 肌質、その日の肌のコンディションを見ながら、必要なところに必要なだけ塗ってあげるようにしましょう。